どろどろどろ

怖いものを詰め込んだブログです。

【人間の怖い話】第六夜 過去に3回もストーカーに遭った話 CASE3

 

こんばんは、木ノ下コノキ(@kinoshitakonoki)です。

 

 

今回は「過去に3回もストーカーに遭った話」最終話をお送りします。

 

 

 【CASE3】悩み相談男

f:id:kinoshitakonoki:20170811210308j:plain

 

とある年のクリスマスイブに別れたその男は、異様にしつこい男だった。

 

 

以前、「嘘つきの友達はやっぱり嘘つきだった話。 - 難病女子の心の裏側日記」(別ブログ)でも書いた、告白してきた相手は既婚者だったあの男。(話を読むと理解しやすいと思いますが、こちらで解説はさみながら話進めます)

 

 

別れることになった理由を悪びれるわけでもなく、しばらく駄々をこねていたが、その後意外と早く別れることができた。

(奥さんと別れてない上、彼女がいるのにさらに私にそれらを隠して告ってきて少しだけ付き合った)

 

 

年が明け、実家で過ごしてきたある日、男からLINEがきた。

 

 

 

「ちょっと相談したいんだけど話聞いてくれるかな?」

 

ん?何の用だよ。と思ったものの、普通に話を聞くことになった私。

 

 

「ウチの嫁がさ、彼女に慰謝料請求していたことが分かったんだ」

 

「だから彼女が俺をブロックしてて、連絡したくても連絡出来なくてさ」

 

何やら、奥さんの愚痴でした(;´Д`)

「慰謝料請求した」は奥さんから言ってきたらしい。

 

 

本人たちがW不倫した結果そうなったんだから、仕方ないことと言えば仕方がない。

 

真剣に聞く気はないが、「それは大変な事になってるねー」とだけ返事をした。

 

 

 

そんな愚痴をお正月から聞くことになってウンザリしたが、なんだかんだ自宅に帰る日まで男の話を聞き続けた。

 

 

それが嬉しかったのか、それから幾度となく奥さんの愚痴と彼女の愚痴を「相談」と言って話してくる男。

 

 

「誰かに聞いて欲しかったのかなー」と前ほどはイヤな気分にならず話を聞き続けた。

 

 

きっと、今回はW不倫のソレに巻き込まれてないから(部外者というやつね)気楽だったのかも知れない。

 

しかし、男が「また会いたい」と言ってきた。

 

f:id:kinoshitakonoki:20170811214422j:plain

 

私は「ただの愚痴聞きだけなら出来るけど、会うのは無理」と断った。

 

 

その後もしつこかったのでLINEをブロックした。

 

 

それからだった、この男が豹変したのは。

 

 

 

LINEはブロックしたものの、携帯の番号が分かれば送れるSMSにメールが送られてきた。

 

LINEのブロックに過剰反応をして責めるような文章が打ち込まれていた。

 

 

男は元旦那の親友だったので、携帯の番号も実家も知っている。

 

さらに言えば、短期間だが付き合っていたのでアパートも知っていた。

 

 

 それから約2ヶ月の間、執拗な付きまといが始まる。

 

 

付きまとい

f:id:kinoshitakonoki:20180906221343j:plain

 

仕事が終わる夜中でも構わず、仕事場のお店の前に待たれたり、男の自分の休みの日にはアパートを訪ねてきたり、時々、SMSを使って

 

 

「マジ、アパート燃やすぞ!」

 

と脅してきたり、

 

本気で怒らせたりしたら何しでかすか分からなかった。

 

その行動に怯えた。

 

 

「実家にも行ってやる」と言っていたけどホントに行ったかは定かではない。

 

 

このことで結構参っていた私に友達が、「警察に相談したらいいんじゃないか」と言ってきたが、とりあえず「忠告」という形で男に話してみることにした。

 

 

言いたいことが沢山あった。

 

だから長文も送れるようにLINEのブロックを解除した。

 

 

「これからも同じようなことが続くなら警察に言うから」の一言だけ送った。

 

この一行だけを。

 

 

  

 すると、男からの返信はすぐだった。

 

 

「LINEのブロック解除してくれたんだね!嬉しいよ!」と。

 

 

「でも、警察にって、そんな酷いこと俺してた?」

 

やってる本人て気付かないもんなんですね。

 

 

この人にとって、LINEブロックされることが怒りの頂点だったらしいです。

 

 

「LINEがいつでも繋がることを条件」に付きまといなど止めてくれることで話はまとまりました。

 

 

 

 男の沸点

結局、私と縁が切れるのがほんとに嫌だと言っていたが、元カノにもブロックされたことをずーっと根に持っているところを見ると、そこまでブロックされる行為がイヤなのかと。

 

 

当時は本当につらくて悩んだし怯えていた。

 

だけど、客観的にみたらくだらなすぎる( ゚Д゚)

 

 

その男からはそれから少し連絡きていたが、私が一度LINEを退会したことで連絡を取ることもなくなった。

 

 

SMSからも来なかったし、電話も、アパートに来ることもなくなった。

 

 

他の人経由で、男の離婚が決定したとの話を聞いた。

 

 

さいごに

 

今回、ストーカー三部作でお送りしました。

 

こんなに何度もある人ってなかなかいないかも知れませんが、いつどこでストーカーに遭うか分かりません。

 

それは女性に限らず、男性も同じです。

 

今回のこの経験で、

  • ネットからの出会いには気を付ける
  1. 相手の車には乗らない
  2. 二人きりになる場所には行かない
  3. 相手の出したもの(飲み物や食べ物)には手を出さない
  • LINEは急にブロックしない (LINEに限らず連絡を急に絶つってところに逆上する人って少なからずいると思います)

を学びました。

 

 

万が一、ストーカー被害にあってしまった場合は、すぐに警察に相談することをオススメします。

 

 

いきなり警察に行くというのをためらったら、まずはこのストーカー被害を未然に防ぐ相談窓口、警視庁公式サイトを見てみるのも良いかもしれません。

www.npa.go.jp

 

 では、また!

 

次回は14日(金)の更新となります。

 

 

 スポンサーリンク

 

 

Copyright © 2017 木ノ下コノキ All Rights Reserved.